西野流呼吸法の稽古は、基本の呼吸法によって充分に身体をゆるめ、生命エネルギーが高まったところで、その応用として”対気”を行います。
基本 足芯呼吸 天遊 行雲 華輪 応用 対気

基本の足芯呼吸から天遊と行雲そして華輪、さらに応用の対気をご紹介します。

足芯呼吸を中心とした基本
足芯呼吸イラスト
足の裏(足芯)から息を吸う意識で全身にエネルギーを巡らせた後、足芯から息を吐くという、独自の呼吸法です。

大きな木が根から水分を吸い上げていくようなイメージで足芯(足の裏)から息を吸い上げます。足の中を通して丹田(下腹部)まできたら、肛門に軽く意識をおいたまま、背骨の中を通して百会(頭頂)まで吸い上げます。百会で軽く息を止め、吸い上げたものを身体の前面を下ろし丹田に収め、そこから足芯に向って吐きだしていきます。途中で何度でも息継ぎして構いません。1回の足芯呼吸はおよそ2分かけてゆったりと行います。
▲ページトップへ
天遊イラスト
流れの説明
お使いのブラウザでポップアップを無効にされている場合、ブラウザ設定でポップアップを有効にしてください。
「天遊」は、天真爛漫な子供が無心で「天」に「遊ぶ」ようなのびのびとした気持ちで行います。 全身にある60兆個の細胞に働きかけ、生命エネルギーが湧出します。内臓の働きが良くなり、太りにくい体質になります。
▲ページトップへ


行雲イラスト
流れの説明
お使いのブラウザでポップアップを無効にされている場合、ブラウザ設定でポップアップを有効にしてください。
「行雲」は、真っ白い「雲」が大空を悠然と進んで「行く」ようなイメージで行います。全身の疲れを取り、ストレスに負けない身体を創ります。バストアップ。ヒップラインを整え、脚線をキレイにします。
▲ページトップへ


華輪イラスト
流れの説明
お使いのブラウザでポップアップを無効にされている場合、ブラウザ設定でポップアップを有効にしてください。
「華輪」は、全身をリラックスさせて、“宙遊”という理想的な身体の状態を創り、西野流呼吸法の効果を一層素晴らしいものにします。全身の血行を良くし、肩コリ、冷え性、腰痛、便秘に効果があります。ウエストラインをきれいにし、足首を引き締めます。
▲ページトップへ
対気
対気イラスト
※対気は必ず西野塾本部で指導員の指導の下で行います。
双方向に生命エネルギーの交流をします。相手のエネルギーを感じ自分のエネルギーレベルを確認する、生きていることの快感を感じながら、エネルギーを高めていける稽古方法です。
▲ページトップへ